愛国殿の縞(あいこくでんのしま)

昭和54年登録
青葉の「愛国殿」より変化した品種。
「小判の縞」が登録されるまでは、横綱を張っていた品種で、今も人気が高い。
濃い緑色はツヤ消しのようで風格がある。
この品種は柄の安定性が悪く良柄の木は極めて貴重である。