白銀錦(しろがねにしき)

昭和56年登録
青葉の「小達磨」より変化した品種。
縞柄は鮮やかな白縞で葉が短く、軸は太く短い、節間も詰まってできる品種である。
「小達磨」から変化した品種は多く「小達磨の縞」「小達磨錦」「白雪の光」がある。