大黒天の縞(だいこくてんのしま)

昭和47年登録
青葉の「大黒天」より変化した品種。
葉は丸く、葉肉厚く、幹の節間も短くて、こじんまり作ると
非常に愛くるしい作品になるため、今も人気が高い品種である。
「大黒天」から変化したものには「大黒錦」がある。